記事詳細

菊池雄星投手がマリナーズ入り 最大で7年100億円超

 プロ野球西武からポスティングシステムで米大リーグ移籍を目指していた菊池雄星投手(27)がマリナーズへの入団に合意したと、複数のメジャー関係者が12月31日、明らかにした。

 球団公式サイトによると、2021年までの3年総額4300万ドル(約47億3千万円)の契約に、22年は1300万ドルの菊池側の選択権が付く。球団側は当初の3年の後に4年総額6600万ドルで契約を延長する選択肢を持ち、最大で7年総額1億900万ドル(約119億9千万円)に達する可能性がある。今オフから変更された、契約金と年俸の総額に応じて日本球団への譲渡金が決まる同システムでのメジャー移籍第1号になる。

 菊池投手は12月3日に申請手続きを取り、譲渡金を支払う意思がある全球団と米東部時間の1月2日午後5時(日本時間3日午前7時)を期限とする30日間の交渉に入っていた。主力を大量放出して再建中のマリナーズやジャイアンツなどが関心を示し、12月16日にロサンゼルス入りした本人が、メディカルチェックを受けるため本拠地シアトルを訪れたという。

 菊池投手は岩手・花巻東高時代の09年にマリナーズを含む大リーグ8球団、日米計20球団と面談した末にドラフト1位で西武入り。11年に初勝利を挙げると、17年は16勝6敗で最多勝と最優秀防御率のタイトルを獲得。18年は14勝4敗でチームの10年ぶりのリーグ制覇に貢献するなど日本球界屈指の左腕として活躍した。(共同)

関連ニュース