記事詳細

マリナーズ移籍の雄星、英語で入団会見 第一声は「ハーイ、エブリワン」 (1/3ページ)

 西武からポスティングシステムで米大リーグのマリナーズ移籍が決まった菊池雄星投手(27)の入団会見が3日(日本時間4日午前4時)、本拠地のTモバイルパークで行われた。背番号「18」のユニホームに袖を通した菊池は、地元記者からの質問のほとんどを流暢(りゅうちょう)な英語で答え、憧れのメジャー挑戦へ、準備万端なところをみせつけた。

 「ハーイ、エブリワン(こんにちは、みなさん)。ここに来られて幸せ。ビッグリーグでのプレーは15歳からの夢だった」と英語で第一声。花巻東高に入学したときに、メジャーでプレーすることを目標を掲げ、この日のために準備してきた。

 菊池は前日購入した紺にシルバーのラインが入った、マリナーズカラーのネクタイを締め「一番必要としてくれたチーム。相性のよさを感じた」と英語で説明。野球だけではなく、英会話学校に通い、西武ではウルフ(昨年で退団)ら外国人選手とコミュニケーションを取る姿もよくみられた。

 最初のあいさつだけではなく、地元記者からの13の質問のうち、9個目の「投球スタイルを作り上げるのに参考にした選手はいるのか?」以外はすべて英語で返答。

 「聞き苦しい、下手な英語で申し訳ない。超一流選手とプレーするので、せっかくなら自分の英語で話してみたいと高校のときから思って、少しずつ勉強してきた」と明かした。

関連ニュース