記事詳細

「大府のママ」激白 吉田沙保里引退の全真相 強く憧れた結婚、失脚した栄氏への忠義 (1/3ページ)

 レスリング女子で五輪3連覇を成し遂げ、2012年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手(36)=至学館大職員=が8日に現役引退を電撃表明した。“霊長類最強女子”が身を引く決断をした真相を、吉田が10代の頃から慕う地元愛知県の炉端焼き店の女将、通称“大府(おおぶ)のママ”が激白。結婚への強い憧れと、恩師の前日本レスリング協会強化本部長、栄和人氏(58)がパワハラ問題で失脚した衝撃の大きさが浮かび上がった。(山戸英州)

 「この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました(中略)みなさん、本当にありがとうございました」

 同日午後4時、吉田は自身の公式ツイッターにこうつづった。公式戦118連勝の金字塔を樹立した超人だが、銀メダルにとどまった16年リオデジャネイロ五輪以降は、母校・至学館大のレスリング部と日本代表で兼任コーチを務め、実戦からは遠ざかっていた。

 女王の引退表明に、至学館大がある愛知県大府市の『炉ばた焼き いろり』の女将で、吉田とは「ママ」「サオちゃん」と呼び合う仲の伊藤喜美代さん(74)は「信じられない。本当に残念」と肩を落とした。

 吉田が初めて同店を訪れたのは、04年アテネ五輪前。恩師の栄氏に連れられて来た。

関連ニュース