記事詳細

吉田沙保里が引退会見 「レスリングは全てやり尽くした」

 レスリング女子で五輪と世界選手権を合わせた世界大会16連覇の記録を持つ吉田沙保里(36)=至学館大職=が10日、東京都内のホテルで記者会見を開き、現役引退を発表した。吉田は「このたび、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断しました。自分自身と向き合ったとき、レスリングは全てやり尽くしたという思いが強く、引退することにした」と、すっきりした表情を見せた。今後は日本女子代表コーチとして、2020年東京五輪に向けて後進をサポートするという。

 吉田は8日に自身のSNSで引退を表明。会見場には大勢の報道陣が詰めかけ、反響の大きさをうかがわせた。

 吉田は黒のワンピースの上に白いジャケットを着て現われ、報道陣を前に深々と一礼。マイクを手に「自国で開催される東京五輪に出場したい思いとリオ五輪で銀に終わってしまい、日々迷いながらここまできた。若い選手に女子レスリングを引っ張ってもらいたいという思いにもなった」と語った。

 津市出身の吉田は3歳のとき、父でレスリング元日本代表の栄勝さん(故人)が自宅で開く道場で競技を始めた。中学時代から頭角を現わし、女子種目が採用された04年アテネ五輪で55キロ級の金メダルを獲得。08年北京大会、12年ロンドン大会と3連覇し、同年11月にはレスリング界初の国民栄誉賞を受賞した。

 世界選手権は02年から15年にかけて13連覇。五輪を合わせた16大会連続世界一に輝き、「霊長類最強女子」の異名も取った。

関連ニュース