記事詳細

イチローは東京ドームでは終わらない!?「できないと思っている人々をギャフンと言わせたい」 3月20・21日MLB開幕戦 (1/2ページ)

 3月20、21日に東京ドームで行われるMLB開幕戦2試合を最後に、現役引退が濃厚といわれるマリナーズのイチロー外野手(45)だが、今季終了まで現役を続ける可能性が取り沙汰され始め、米メディアの一大関心事になっている。

 アスレチックスとの東京ドーム開幕戦は、ベンチ入り枠が25人から28人に拡大される。人気薄のカードのため興行的にイチローのスタメン出場は不可欠といわれる。

 そんな中、米経済誌フォーブスが「イチローは2019年、マリナーズでプレーする準備をしている。それは日本での2試合だけではないようだ」と興味深い見方を示した。

 同誌によると、イチローの代理人ジョン・ボッグズ氏は「イチローはその年齢としては信じられない、素晴らしい体調を維持している。今年も日本でひとりホテル住まいをしながら練習に励んでおり、今季のベンチ入りを望んでいる」と明かしている。

 もともと50歳まで現役がイチローの希望。昨年は開幕直前、マリナーズの外野陣に故障者が相次いだことから急きょメジャー契約を交わしたが、わずか15試合出場、47打席で44打数9安打、打率・205。球団会長付特別補佐の肩書と引き換えに、昨季いっぱい選手としてプレーすることを諦めた。

関連ニュース