記事詳細

【高校サッカー 選手権発 東京五輪行】流通経済大柏・DF関川郁万(3年) 「競り合った相手には絶対に負けない」対人に強いプレースタイルが高評価 (2/2ページ)

 昨年5月、卒業後の鹿島入りが内定した。ヘディングを駆使した空中戦を含め、対人にめっぽう強いプレースタイルが高く評価された。一方、鹿島からは昨年7月に植田直通、同年末に昌子源と、W杯代表に名前を連ねたセンターバックが海外へ移籍した。ごく近い将来、常勝軍団の屋台骨を背負ってほしいという期待が18歳にかかる。

 「相手のFWに何の仕事もさせないのが、センターバックの仕事。それを100%に近づけようとずっとやってきた。2年生のときまでは先輩に難しいFWが大勢いましたけれど、マッチアップしていて楽しかった。今は最上級生ですけど、(鹿島では)また一番年下になるので張り切ってやっていきたい」

 本田監督が発した「くそゲーム」には、「同じことを繰り返すな。次は一番になれ」というエールが込められている。プロの世界で初心に帰り、挑戦者の気概を熱くたぎらせる関川が目指す当面の「一番」は、名門・鹿島のレギュラーの座だ。その先に東京五輪を含め、日の丸を背負う姿が見えてくる。J1屈指の常勝軍団で、そして日本代表で、最終ラインに君臨するためのスタートラインに立った。(スポーツジャーナリスト・藤江直人)=終わり

関連ニュース