記事詳細

横綱鶴竜が2場所連続休場 右足首痛、3敗と不振

 大相撲の東横綱鶴竜(33)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が初場所6日目の18日、休場した。場所前から右足首に痛みがあり、5日目を終えて2勝3敗と苦しい土俵が続いていた。

 鶴竜は昨年11月の九州場所も右足首の故障で全休した。休場は2場所連続12度目で、横綱としては在位29場所で11度目。既に引退した稀勢の里(現荒磯親方)に続く離脱で、白鵬が一人横綱を務める。

 6日目の対戦相手、北勝富士は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は大関栃ノ心らに続いて3人目となった。