記事詳細

春日部共栄高監督が体罰 名将の“スパルタ指導”はもう古い

 私立春日部共栄高(埼玉県春日部市)は20日、昨年4月に野球部の本多利治監督(61)が、練習試合中に部員を平手打ちにするなどの体罰を行っていたと明らかにした。同校は春夏合わせて甲子園7回出場の強豪。

 同校によると、本多監督は昨年4月1日と3日、練習試合で見逃し三振をした当時の2年生と3年生計3人に平手打ちをしたり、蹴ったりした。既に部員や保護者に謝罪し、今月11日から指導を自粛している。

 同校野球部は昨年の秋季関東大会で準優勝しており、春の選抜高校野球大会出場が有力視されている。「指導者の不祥事が生徒の活動を妨げるものではない」として、選考は辞退しない。県高野連を通じて日本高野連にも報告、2月1日の日本学生野球協会審査室で監督の処分が検討される。

 2017年4-5月には、当時の2年生と3年生が1年生に「うざい」などの暴言を吐いたほか、寮生活に関するミーティング中、2年生が1年生を平手打ちしていたことも明らかにした。

 学校側は保護者からの申し出を受けて17年12月に第三者委員会を設置。生徒から聞き取りを進める中で、監督の体罰も判明したという。第三者委は昨年12月に報告書を学校に提出した。

 本多監督は1980年の開校と同時に野球部監督に就任し、93年の夏の甲子園では準優勝に導いたベテランだが、昔のスパルタ方式は通用しないということか。

関連ニュース