記事詳細

ロッテのキャンプ中継“巨人系”CSがナゼ? ドラ1藤原を“青田買い”か (1/2ページ)

 今年はロッテの沖縄・石垣島キャンプ(2月1日から)をCS放送「日テレNEWS24」が生中継する。

 ロッテが藤原恭大外野手(18)=大阪桐蔭高=を1位指名し3球団競合の末に引き当てたドラフト会議の直後に、中継計画が持ち上がったというから、“藤原効果”に他ならない。

 「キャンプ初日からギアを入れて体を動かせるようにしたいと思っています。中継を通じて全国にアピールしたいです」と藤原。

 カメラ5台、リポーター2人、製作スタッフ25人に加え、随時タレントなどのゲストを投入。番組内に『きょうの藤原恭大』のコーナーを設け、その日のハイライトやインタビューを連日放送する予定だ。

 他局の放送関係者は「制作費は1000万円を軽く超える」と力の入れように驚きを隠せない。その代わり、球団側は生中継によるアピール効果を重視し放映権料などの対価を求めていないという。

 それにしても、巨人の親会社筋である日本テレビの系列がCSとはいえ他球団のキャンプに力を入れる理由はどこにあるのか。

関連ニュース