記事詳細

26歳、阪神・原口捕手、大腸がん告白「精いっぱい治療に励みたい」

 阪神は24日、原口文仁捕手(26)が大腸がんと診断され近日中に手術を受けることを明らかにした。昨年末に受けた人間ドックで判明。原口は球団を通じ「病名を聞いたときはさすがに驚き、動揺したのも事実。同じがん患者の方々、ご家族にとって少しでも夢や希望となれるよう、精いっぱい治療に励みたい」とコメントした。

 勝負強い打撃が持ち味で、昨季は代打で23安打を放ち、2008年に桧山進次郎氏がマークした代打のシーズン最多安打の球団記録に並んだ。

 球団によると、当面はチームを離れて治療に専念する。谷本修球団本部長は「本人が一番悔しいと思う。一日も早く戻ってきて、元気な姿を見せてほしい」と話した。

 球界では広島・赤松真人選手(36)が16年12月に胃がんを公表。翌年に手術を受け、今季は3年ぶりの1軍出場を目指している。

関連ニュース