記事詳細

体罰発覚の春日部共栄がセンバツ出場 「監督」売り込みの不届き者も (2/2ページ)

 宇野校長は「もし(協会の処分が指揮を)執れるぐらいの処分だったとしても、学校としては指揮を執ることはできないと考えている。再出発ということで新たな気持ちでいる」と、選抜はコーチやOBから新監督を人選して臨む方針。

 「今回の報道があってから売り込みもあり、『こういう経歴があります』と書かれた手紙も来たが、それは選手が受け入れないでしょう」(宇野校長)とのことで、ドサクサ紛れに甲子園で指揮を執ろうという不届き者まで出る始末だ。

 宇野校長は「中にはだいぶ動揺している生徒もいる。監督の登録期限が2月中旬だと思うので、総合的に考えて慎重にやりたい」としているが、大会まで2カ月を切っており、選手にとって落ち着かない日々が続く。

 一方、ダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演し、部長の処分が検討されている昨秋の四国大会ベスト4の高知商は選出されなかった。(塚沢健太郎)

関連ニュース