記事詳細

日韓決戦“消滅”で森保ジャパン大誤算!? 準決勝でイランと激突 アジア杯 (2/2ページ)

 13年東アジア杯・韓国大会の対戦で、韓国サポーターが『歴史を忘れた民族に未来はない』と書かれた横断幕や、文禄・慶長の役で日本軍と戦った李舜臣(イ・スンシン)、伊藤博文を暗殺した安重根(アン・ジュングン)の肖像画を掲げ国際問題に発展したことが影を落としている。この事件以降、「韓国協会が公式戦以外での日韓戦開催にかなり消極的になっている」(日本協会幹部)という。

 かくして、両国にとって特別な意味を持ち白熱必至の日韓戦は、今年12月に行われる東アジアE-1選手権・韓国大会までお預け。日本としては宿敵のいない間に、タイトルを1つ増やしておきたいところだ。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース