記事詳細

紀平、逆転で初V! 三原3位、坂本は連覇ならず4位 四大陸フィギュア

 フィギュアスケート女子で昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで初出場優勝した紀平梨花(16)=関大KFSC=が8日、米アナハイムで行われた四大陸選手権で合計221・99点をマークして初優勝を果たした。ショートプログラム(SP)5位から逆転し、3月の世界選手権(さいたま)に向け弾みをつけた。

 2017年大会覇者の三原舞依(19)=シスメックス=が207・12点で3位。全日本選手権女王でSP2位の坂本花織(18)=シスメックス=は206・79点で4位となり、2連覇を逃した。(共同)