記事詳細

「高知商野球部ダンス問題」再び先送り 高野連、不手際認めるが…

 日本高等学校野球連盟は13日、大阪市内で全体審議委員会を開き、昨年12月に高知商のダンス同好会の有料発表会に野球部員が出演した件で、野球部長の処分などを再検討したが結論が出ず、20日の理事会で判断することを決めた。

 同委員会は発表会の入場料が500円だったことを踏まえ、「もうけようとしたわけでなく、必要経費をまかなうためのもの」として、日本学生野球憲章が禁じる『野球部員の商業的利用』には当たらないと判断した。一方、ユニホーム姿で出演したことは、2010年に改正される前の野球憲章に付随する問答集に禁止する文言があったことから「処分や指導が必要かどうかも含め、理事会で最終判断したい」という。

 憲章の改正に伴い、問答集は消滅している。日本高野連は、禁止行為を周知徹底する上で不手際があったことを認めつつも、過去の解釈を根拠として責任を問う可能性を否定しなかった。

 日本高野連は、ダンス同好会の顧問も兼ねる野球部長の謹慎処分が相当として、日本学生野球協会審査室への上申を決めていたが、数校から同様の報告があったため、処分を改めて検討した。

 スポーツ庁の鈴木大地長官は「個人的にはもう少し寛容になってもいいのかな」と高知商に同情的な見解を述べている。

関連ニュース