記事詳細

球児の「投球過多問題」への一石! 日本ハム右腕・立田将太が投じる「高校時代に“投げない”選択」 (2/2ページ)

 日本ハムの大渕隆スカウト部長は「肩肘の健康そのものよりも、プロで何としても成功するんだという志を貫き通した強さ。これが何ものにも替え難い」と評価。2014年のドラフト会議で6位で指名した。

 いま、トッププレーヤーの筒香の訴えを立田はどう聞くのか。

 「『勝ちたい』という指導者の方は変わらないと思う。ルールがあれば従わざるを得なくなるので、僕は賛成です」

 昨季、念願の1軍デビューを果たし、1イニングだけだが完璧に抑えた。「プロで活躍しないと、後に続く選手たちに『こういう道もあるんだよ』と胸を張って言えませんから」。結果を残すことが、歩んできた道の答えになる。(片岡将)

関連ニュース