記事詳細

大谷、手術後初めてティー打撃再開 エ軍監督「予定通り」

 エンゼルスの大谷翔平選手(24)が22日、アリゾナ州テンピで昨年10月に右肘手術を受けて以来初めてティー打撃を再開した。打撃ケージ内で計20球をティーに置いて打った。その後は素振りも35スイング行った。

 オースマス監督は「予定通り」と説明。次のステップはトスされたボールを打つ練習だが、エプラーGMは「同じ週に次の段階に行くことはない」と慎重に話している。