記事詳細

錦織、まさかの2回戦敗退…男子テニス・ドバイ選手権 

 テニスのドバイ選手権は27日、男子シングルス2回戦で第1シードで世界ランキング6位の錦織圭(29)=日清食品=が同77位のフベルト・フルカチュ(22)=ポーランド=にまさかの敗戦を喫した。

 錦織は第1セットを5-7で落とし、第2セットは7-5で奪い返したが、最終セットは先にブレークを許し2-6で失った。

 急激に強くなったり、弱まったりする風に「簡単ではなかった」と悩まされた錦織は求める安定性を最後まで出せなかった。トスがばらついた第1サーブの精度に波があり、初対戦のフルカチュの強打にも苦しんだ。今季出場した3大会でいずれも8強以上に進出したが、1回戦でシード選手が4人敗退した波乱のドバイの波にのまれ、ぼうぜんとした。

 22歳で身長196センチの相手は「想像以上に素晴らしいサーブを持っていた」。角度があり、時に220キロを超える第1サーブを74%決めた相手を仕留めきれず、逆に錦織は要所で第1サーブが決まらない。5-4とリードしてから3ゲームを連取され、第1セットを取られた。

 第2セットはラリー戦で粘り強くつないで奪い返したが、第3セットは1-2の第4ゲームで先にブレークを許すと盛り返せず「完璧なプレーはできなかった」と力なく言った。

 右手首負傷による長期離脱から復帰2季目で飛躍を狙う日本男子のエースは台頭する若手に屈し「何かを修正しないといけない」。

 今大会には、女子シングルスで世界ランキング1位の大坂なおみとともに、そろって第1シードで臨んだが、初戦敗退の大坂に続いて、錦織も早々と姿を消した。

 3月の今季最初のマスターズ大会となるBNPパリバ・オープン、さらに5月の全仏オープンへ向け、ねじを巻き直せるだろうか。