記事詳細

【神谷光男 スポーツ随想】『手クニシャン、そろってます』 女子ハンド“エロ垂れ幕”が物議も…雑念抜きで応援したい! (1/2ページ)

 今年の11-12月に熊本県で、女子ハンドボールの世界選手権が開かれる。ハンドボールはヨーロッパではサッカーと並ぶ人気スポーツで、24カ国が出場するビッグイベントだが、日本ではまったくのマイナースポーツ。よほど興味がない限り開催を知る人はごく少数だろう。

 ところが、この大会が思わぬことで全国に知れ渡ることになった。熊本市内にPRのために下げられた35枚の垂れ幕のキャッチコピーのうち、2枚がインターネットで炎上したからだ。

 『ハードプレイがお好きなあなたに』

 『手クニシャン、そろってます』

 どう考えても風俗店を連想させる文句で、ネットでは「低俗」「女性蔑視」と批判が相次いだ。「どこのエロオヤジが考えたんだ」との声も多かったが、発案者は大会を運営する熊本国際スポーツ大会推進事務局から委託された広告代理店。れっきとしたプロで、事務局も原案に目を通したというが、チェックしきれなかったらしい。

 「下ネタでも何でも、とにかく受けてナンボ、というのが今の世の中。軽薄な発想に、世界選手権という最高峰の大会までが毒されてしまったかと嫌な気持ちになった」とハンドボール関係者。事務局は大慌てで撤去して別の垂れ幕に差し替え、ホームページ上で謝罪した。

関連ニュース