記事詳細

森保J、「五輪代表」強化進まず…現状は“堂安頼み”か 今から間に合う“マル秘”サプライズは? 鹿島・安部、川崎・田中ら成長株の招集せよ (1/3ページ)

 東京五輪開幕(来年7月24日)まで、12日であと500日。ところが、1968年メキシコ大会の「銅」以来のメダル奪取が至上命令のサッカー男子五輪代表の強化は、全くといっていいほど進んでいない。世界で戦えるレベルにあるのはMF堂安律(20)=フローニンゲン(オランダ)=くらいで戦力不足が顕著。A代表と兼務する森保一監督(50)が頭を抱える非常事態だ。森保ジャパン発足後、A代表が世代交代を進めて快進撃を続けた陰で、なおざりにされた格好。今から間に合う強化策は限られている。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

 「メダルを取ろうと思ったら、J1でスタメン、A代表でも活躍している選手でないと難しい」

 森保監督は東京五輪代表の条件を挙げているが、これにかなう選手はほとんどいない。いま五輪世代でA代表でも主力といえるのは、堂安とDF冨安健洋(20)=シントトロイデン(ベルギー)=の2人くらい。

 森保ジャパン発足後、A代表の方は堂安、中島翔哉(24)=アル・ドゥハイル(カタール)、南野拓実(24)=ザルツブルク(オーストリア)=の「若手三銃士」を中心に、昨年9月以降のキリンチャレンジ杯で5戦無敗(4勝1分け)。年明けのアジア杯UAE大会でも、決勝こそカタールに敗れたものの準優勝を果たした。

 本田圭佑(32)=メルボルン・ビクトリー(豪州)、香川真司(29)=ベシクタシュ(トルコ)=らこれまで代表を支えてきた選手からの世代交代は、順調に進んでいるといえる。

関連ニュース