記事詳細

【小田幸平 ODAの第2捕手目線】「四国IL」愛媛のコーチに就任 かつての同僚、河原監督を胴上げします! (2/2ページ)

 四国アイランドリーグは愛媛、香川、徳島、高知の4球団で、巨人、ソフトバンクの3軍との交流戦を含め、前期36試合、後期30試合。それぞれの優勝チームの間で、5試合制のリーグチャンピオンシップ(CS)も行われます(同一球団が前・後期両方を制した場合は1勝のアドバンテージ)。狙うは前期、後期、CSの完全V。河原さんを胴上げしますよ。

 僕はこれまでにも何度か愛媛の臨時コーチを務めさせていただいていて、選手たちがみんな、何とかしてNPB(日本野球機構)に行きたいという思いを抱いていることを知っています。その手助けをしたいと思っています。

 1カ月の半分は都内の自宅、半分は愛媛県内のマンションで久しぶりに1人暮らしをすることになり不安もありますが、何より野球人としては、ユニホームを着てグランドに立ち、仲間と勝利を分かちあえると考えるとワクワクします。

 開幕戦は今月30日の高知ファイティングドッグス戦(松山市マドンナスタジアム)です。オレンジ色のユニホームを着たODAをぜひ1度見にきてください。

 当コラムや野球評論の仕事も並行して続けていきますので、よろしくお願いいたします。

 ■小田幸平(おだ・こうへい) 1977年3月15日、兵庫県生まれ。市川高から三菱重工神戸をへて、97年ドラフト4位で巨人入り。2005年中日へ移籍。14年引退。プロ17年間ではレギュラーにはなれなかったが、“第2捕手”として評価が高く、お立ち台での決めゼリフ「やりましたーっ!」で人気を博した。愛称はODA(オーディーエー)。

関連ニュース