記事詳細

【プロキャディーXのつぶやき】比嘉真美子の魅力的な飛ばしっぷり! 今季女子ツアーで目立つ「クラブ契約フリー」選手 (1/2ページ)

 今季国内女子ツアー開幕戦ダイキン・オーキッド・レディースは、地元沖縄出身の比嘉真美子(25)の優勝で幕を閉じた。最終日、コースへ詰めかけたギャラリーは5450人。2004年大会の宮里藍以来の県勢Vに、沖縄ならではの指笛とともに勝利を祝う歓声や拍手が湧き上がった。

 比嘉のフィアンセは、3月場所中の大相撲前頭九枚目の勢関。「なかなかタイミングが合わず」(比嘉)入籍はまだだそうだが、2人の船出に幸先の良いスタートとなったはずだ。

 フィアンセもダイナミックだが、比嘉のパワーあふれるショットはツアー屈指だ。

 大会練習日でのこと。390ヤードの10番(パー4)。風向きもあるけれど、ほとんどの選手はグリーンまで残り150ヤード近辺にティーショットを運んでいた。

 そんな中、力強いフェードボールでフェアウエーをとらえ、残り100ヤードの杭の近くまでカッ飛ばしている選手がいた。一緒に回っていた飛ばし屋で知られる渡辺彩香よりも10ヤード以上も飛ばしていたのが比嘉だった。

 「今年の比嘉は気合が入っている!」と、プロキャディー仲間の間では、活躍予想ランキング1位だった。

関連ニュース