記事詳細

「JK買春」元オリックス・奥浪鏡の輝かしかった日… ロッテ・井上、西武・山川と“100キロ超トリオ”

 大阪府警淀川署は14日までに、女子高生にみだらな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)容疑で、プロ野球オリックスの元選手でアルバイトの奥浪鏡(きょう)容疑者(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月11日、千葉県に住む女子高校生が18歳未満だと知りながら、西宮市の自宅で現金を渡すと約束し、みだらな行為をした疑い。

 淀川署によると、奥浪容疑者は「キャッシュカードの調子が悪いから今度払う」と言い、現金を渡さなかった。2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合った。

 昨年12月、千葉県警に女子高生の捜索願が出され、淀川署員が大阪市淀川区のホテルに1人でいたところを保護。今回の事件が発覚した。

 奥浪容疑者は13年ドラフト6位で岡山・創志学園高から入団。17年5月、運転免許停止中に乗用車を運転して事故を起こし、同年8月に契約を解除された。

 巨漢スラッガーとして将来を嘱望されていたが、3年あまりの現役生活で、1軍では通算15試合出場、34打数9安打、1打点、0本塁打。

 1年目の14年7月17日にはフレッシュオールスター(長崎)に出場し、4打数2安打1本塁打の活躍で優秀選手賞を獲得。MVPの井上(現ロッテの主砲)、優秀選手賞の山川(現西武、昨季パのMVP&本塁打王)とともに“体重100キロ超トリオ”でお立ち台に上がり、アナウンサーが「お立ち台が壊れるかもしれません!」と絶叫した。

関連ニュース