記事詳細

「あちゃ~」星稜・林監督、1曲熱唱どころか一転苦笑、初戦はV候補の履正社

 「あちゃ~、という感じ。履正社の横が空いていたので、もしかしたらと思っていた」。星稜・林和成監督(43)は苦笑するしかなかった。

 第91回選抜高校野球大会(23日開幕=甲子園)の組み合わせ抽選が15日に大阪市内で行われ、優勝候補筆頭の星稜は大会第1日の第3試合で激戦区大阪の雄、履正社と対戦することが決まった。

 3季連続で甲子園のマウンドに上がる150キロ右腕、奥川を擁する星稜は、出場校の主将によるアンケートで断トツの優勝候補に挙げられたが、林監督は「過大評価。昨秋以来優勝候補といわれているけど、よくて5番目。5-10番目の実力と思っています。大阪は西の横綱。中途半端ではやられる」と厳しい口調で語る。

 実際、昨秋の大阪府大会決勝で、春夏甲子園連覇を達成していた大阪桐蔭を破った履正社の実力は侮れない。

 林監督は選手として、星稜で1学年先輩の松井秀喜氏(巨人、ヤンキースなど)と春夏計3回甲子園に出場し、優勝候補に挙げられながら勝ちきれなかった経験がある。「甲子園では優勝候補でも、そう簡単に勝ち上がることはできない」との言葉に実感がこもる。

 昨夏も優勝候補の一角に挙げられていたが、2回戦の済美(愛媛)戦でタイブレークの延長13回、逆転サヨナラ満塁弾を浴び敗退。

 林監督はその夜、宿舎での“ラストミーティング”で「1曲歌ってええか?」と言い出し、涙交じりで沖縄出身の4人組バンド「かりゆし58」の「オワリはじまり」を熱唱。これがテレビ番組で紹介され、ネット上では「こんな監督の下で高校生活を送りたい」などと感動が広がった。今月1日の星稜の卒業式には「かりゆし58」がサプライズ登場した。

 全国的に話題となり熱い視線を浴びる星稜が、悲願の甲子園初制覇にこぎつけられるかどうか。

関連ニュース