記事詳細

G大阪・遠藤が『42歳で22年W杯出場』宣言! 「前の年にググッとギア、それでメンバーに入る」 (1/2ページ)

 明治安田生命J1リーグ第4節(17日)でアウェーのG大阪が、リーグ3連覇を狙う川崎を1-0で破った。歴代最多の日本代表152試合出場を誇るMF遠藤保仁(39)は今季初のフル出場。試合後、夕刊フジの直撃に“代表復帰プラン”を激白した。(聞き手・久保武司)

 --お疲れさま。3分ほど話を聞かせてくれますか

 遠藤「はい、いいっすよ。(時計を見ながら)3分ね(笑)」

 --トップ下で先発したが、試合中にポジションチェンジしながらボランチ、センターバックまでこなしていた

 「仕事だもん。どうせなら楽しくやらなきゃ。でしょ?」

 --この季節、花粉症とかは

 「ない、全くない」

 --後半23分から途中出場した、川崎の新外国人選手FWレアンドロ・ダミアンは評判が高い

 「うん、すごい選手だね。まだ29歳でしょ?。もっとリスペクトされてもいいと思う。あれだけの高さ(身長188センチ)とパワーがあるFWだから、仮にFC東京に入っていたら完璧にハマっていたと思うし、もっとすごい活躍をしているよ」

 --試合後半、相手選手にけずられ珍しく痛がっていた

 「アハハ、あれはね、ちょっと時間稼ぎ的な(笑)。痛くなかったよ。大丈夫です」

 --フル出場は今季初

 「チームに、若くてイキのいい選手を使おうという意向があるからね。でも大丈夫っす、楽しくやっていますから」

関連ニュース