記事詳細

貴景勝“大関へあと一歩”が遠い… 残り3日で2勝がノルマ (2/2ページ)

 「貴景勝のいいところは、負けても後遺症がなく、勝ったとしても淡々として、その日その日の一番に集中しきっている」と芝田山親方(元横綱大乃国)は言ったが、さすがに引きずってしまったのか、終盤にきて痛い連敗を喫した。

 優勝した昨年九州場所が13勝、先場所が11勝。三役で直近3場所33勝が大関昇進の目安で、数字の上では今場所9勝でも到達だが、過去に1ケタで上がった例はない。となると残り3日で2勝がノルマになる。

 「そのへんは何ともいえない。ここからが試練」と藤島親方。13日目は高安戦。何としても白星が欲しい。