記事詳細

貴景勝、大関昇進も… 影を落とした「貴の字」アレルギー (3/3ページ)

 一方、入れ替わって大関の座から陥落する栃ノ心の師匠は、“反貴乃花親方”の急先鋒だった春日野親方(元関脇栃乃和歌)。貴景勝は“元師匠のかたきを取った”といえなくもない。

 また、横綱白鵬(34)=宮城野=は千秋楽に横綱鶴竜を破り3場所ぶり42度目の優勝を全勝で飾ったが、この一番で右上腕部を痛め、夏場所(5月12日初日=両国国技館)へ向けて暗雲が垂れ込めた。

 今後は、27日にエディオンアリーナ大阪で行われる番付編成会議と臨時理事会で、貴景勝の昇進が正式決定。貴景勝は使者に対して昇進伝達式で口上を述べる。そして、番付の大関の欄に『貴』の文字が蘇る。