記事詳細

白鵬、勝手に「三本締め」に批判殺到! 処分は?横審が問題視「やれる立場にあるのか」 (1/2ページ)

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)で42回目の優勝を全勝で飾った横綱白鵬(34)がまたしてもやらかした。千秋楽(24日)の優勝インタビューで、平成最後の場所を締めくくった喜びから観客と、よもやの三本締め。本場所は神送りの儀ですべてが終わるが、一力士のこの手締めに再び批判が集中している。

 白鵬は一昨年九州場所の優勝インタビューでも、万歳三唱したことが問題視され、師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)と理事会に呼び出され、厳重注意を受けている。

 「前に注意しているのに、またやった。守らないとアカン。万歳はダメでも、手ならええんか?」。25日に両国国技館で開かれた横綱審議委員会で、岡本昭委員(岡安証券最高顧問)が声を上げた。

 観客は盛り上がっていたが、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「相撲協会を引っ張る第一人者として、あるまじき行為という意見があった。『あ~あ、またやっちゃったよ』と思いましたよ。どうしてああいう風になるのか…」と渋い表情だ。

 矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)も「違和感を覚える人が多かった。たとえ優勝した横綱とはいえ、そういうことをやれる立場にあるのか」。この件は28日の理事会でも話し合われるという。

関連ニュース