記事詳細

【江尻良文の快説・怪説】イチロー氏VS松井秀喜氏“監督対決”の現実味 ON後継者の“第3ラウンド”に期待! (1/2ページ)

 元米大リーグ・マリナーズ外野手のイチロー氏(45)の現役引退で、3年後の夢対決に期待が膨らむ。ONの後継者として、イチロー氏と松井秀喜氏(44)の監督対決が現実味を帯びてくるからだ。

 「監督は無理。人望がないから」。引退会見でイチロー氏はこう言い切ったが、日本人メジャーリーガー初の米野球殿堂入りが確実視されているカリスマ性は、今どきの選手たちにとって最高の魅力になる。

 日本球界でスター選手になれば、次はメジャー入りを目指す選手が多い。それだけにイチロー監督が誕生すれば、求心力は想像を絶するものになるだろう。

 現役時代に大リーグの通算記録を超える868本塁打を放ったソフトバンク・王貞治球団会長の名前を知らないメジャーリーガーはいない。その王会長がソフトバンク監督時代の2006年、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1回大会で日本代表監督を務め、奇跡の世界一を達成。その時に「イチロー君が日の丸にあんな熱い思いを持っているなんて、初めて知った」とリーダーシップを絶賛している。

 その王会長が、イチロー氏の監督問題に関して「見てみたいけど、少しは解放してやろうよ」と配慮しているのも、充電後のイチロー氏のセカンドキャリアに期待を寄せているからこそだろう。

 イチロー監督が誕生すれば、日本球界時代、さらに日本人メジャーリーガーとしても最大のライバル関係にあった松井氏との“第3ラウンド”が期待される。

関連ニュース