記事詳細

新大関・貴景勝「武士道精神で相撲道に精進」

 日本相撲協会は27日、大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で夏場所(5月12日初日・両国国技館)番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇貴景勝(22)=千賀ノ浦部屋=の大関昇進を正式に決めた。

 相撲協会は使者の出羽海親方(元前頭小城ノ花)、西岩親方(元関脇若の里)を派遣し昇進を伝達。大阪市内のホテルで行われた伝達式に、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)とともに臨み、「武士道精神を重んじ思いやりと感謝の気持ちを忘れず、相撲道に精進します」と口上を述べて、平成最後の新大関となった。

 使者を待つ間は落ち着かない様子で、ひざまづいたり、体を揺らしたり。両親も心配そうに会場で伝達式をみつめた。

 新大関の誕生は昨年5月の夏場所後の栃ノ心以来。初土俵から所要28場所の昇進は年6場所制となった1958年以降で6位の速さ(幕下付け出しを除く)。日本出身では一番速い。

 22歳7カ月22日は58年以降初土俵で9位の若さとなる。1位は貴ノ花(後の横綱貴乃花)の20歳5カ月。平成生まれは、照ノ富士、高安に続き3人目。

 突き、押しを武器に昨年11月場所で13勝で初優勝。今年1月場所は11勝、3月場所は10勝で、直近3場所の合計勝利数が昇進の目安とされる33勝を1つ上回る34勝となっていた。

関連ニュース