記事詳細

須藤豊氏「金満補強の巨人が優勝」 広島は救援陣整備が課題 セ・リーグ順位大予想 (1/3ページ)

 29日に開幕するセ・リーグの今季順位を、夕刊フジ評論家の須藤豊氏(81)=元巨人ヘッドコーチ=とプロ野球担当記者5人も大予想。ここでは原巨人が優勢だ。

 ■夕刊フジ評論家・須藤豊氏

 お金で愛は買えないが、優勝なら買える。丸、新外国人ビヤヌエバ、炭谷、中島、岩隈らを補強した今季の巨人はそれを実証することになるだろう。

 願わくば、4年ぶりに復帰した原監督には生え抜きの若手を積極的に登用し、補強戦力とミックスした形で戦ってほしい。それがファンにとって将来へ向けて希望になる。岡本がシーズンを通して4番を務めることができるかどうかが、大きなポイントとみる。

 広島は丸が抜けたとはいえ、打線はピカイチ。救援投手陣の整備が課題だ。ヤクルトは若手が育っており、阪神も外国人の働き次第でさらに上位を望める。

 ■新任・与田、矢野両監督の“新風”期待 夕刊フジ記者・笹森倫

 イチロー氏は引退会見で「日本の野球が米国の野球に追従する必要は全くなくて。やっぱり頭を使う、面白い野球であってほしい」とメッセージを送った。

 だがセ・リーグでは近年、ベンチワークを含めたスリリングな駆け引きが物足りない。昨季でいえば、中日以外の5球団の監督を外野手出身者が占めたせいもあるか。単純な力勝負では、戦力充実の広島に分があった。

 新任監督たちに新しい流れを呼び込んでほしい。巨人は元内野手で球界随一の実績を持つ原監督。阪神は捕手出身の矢野監督が2軍から昇格した。中日・与田監督は元投手で指導実績は少ないが、監督経験十分の伊東ヘッドコーチが支える。

 優勝には巨人を推すが、原監督の復帰で即V奪回では、過去3年間のセ・リーグが陳腐に見えてしまうので、予想が外れるのが望ましい。

関連ニュース