記事詳細

【西本忠成 トラとら虎】開幕から打線は誤算だらけだが… 新助っ人マルテ待望論が出ないワケ (1/2ページ)

 阪神期待の新助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(27)=前エンゼルス=の1軍合流が遅れている。3月中旬に右ふくらはぎを痛め、リハビリが続いている。

 「回復が順調なら来週あたりから打撃練習を始めるが、すぐ1軍はとても無理。昇格したとしても、どこまで戦力になるか不透明」と2軍の首脳陣は厳しい見方を示す。

 矢野監督は開幕から代役としてナバーロを「6番・一塁」に起用したが、打率・238(5日現在)の低調。4日の巨人戦では三塁の大山を一塁、二塁の糸原を三塁に回す苦肉の策も披露した。

 「まだスタートしたばかりとはいえ、打線は誤算だらけ。助っ人が頼りになればだいぶ違うが、今年もいまのところ泣かされている。よくよくウチは外国人野手に縁がない」と球団幹部は嘆く。セ・リーグ開幕6試合目で助っ人がスタメンから消えたのは阪神だけだ。

関連ニュース