記事詳細

田嶋会長FIFA理事再選で「女子W杯日本招致」に追い風 “拡大クラブW杯”も誘致へ (2/2ページ)

 さらにFIFAは、7チームで行われている「クラブW杯」の出場枠を21年大会から24に増やすことを決めており、日本は田嶋氏の再選の余勢を駆ってこちらの開催も目指していく構えだ。

 レアルマドリード、バルセロナ、マンチェスター・シティ、南米の雄フラメンゴなどが大挙して日本にやって来ることも決して夢物語ではない。

 ちなみに田嶋氏は、6月の任期満了での退任を表明した日本オリンピック委員会(JOC)・竹田恒和会長(71)の後任候補にも名前が挙がっていたが、FIFA理事再選で消滅。「以前から私はありませんと言っていました」と締めくくり、日本へのビッグイベント誘致に専心していくことになる。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

関連ニュース