記事詳細

【渡部優衣 虎ゆゆゆい話】プロ野球選手“あるある”ネタ… シャイな青柳選手の衝撃事実

★(2)

 これまでに「ホムラジ」では福留選手、今成選手(現アカデミー担当コーチ)、高代コーチを取材。今春の沖縄・宜野座キャンプでは青柳、才木、ドラフト3位ルーキーの木浪の3選手に直接お話をうかがう機会がありました。

 練習の合間に貴重な時間をつくってくださった選手、球団広報の方には感謝しても仕切れないですが、特に印象に残ったのが青柳投手。あまりの緊張にマイクを持つ手がずっと震えてしまい、もう片方の手でなんとか止めたほど。ルーキーイヤーから変則フォームで投げる姿、SNSで他の選手にイジられる様子が気になって、ずっとお話を伺いたいなと思っていて、今回ようやく念願がかなったのです。

 青柳選手から教えていただいたことで特に興味深かったのは、プロ野球選手の“あるある”ネタ。人気ゲーム『実況パワフルプロ野球』の査定(能力)を気にして、「『これは違うやろ!』と選手同士で話し合うことが多い」とのこと。

 漫画は、映画化された『キングダム』(19日公開)好きが多く「読んでいる人が多いよ」と明かしてくれました。

 アンダースローの投球フォームについてうかがうと、「小学生くらいから、上からは投げられなかった」と。素人の認識だとオーバースローで投げるのが普通かなと思っていたので衝撃的でした。

 素朴な疑問に快く答えてくださった“あおさん”。また、いろいろ教えてくださいね!

 ■渡部優衣(わたなべ・ゆい) 12月4日、大阪府箕面市生まれ。声優として、東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(横山奈緒役)などを担当。2016年11月より「箕面声優大使」(箕面市制定)を務める。15年4月から動画付きインターネット番組『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』(文化放送超!A&G+ 毎週金曜午後10時)にレギュラー出演。座右の銘は「Never give up」

関連ニュース