記事詳細

【渡部優衣の虎ゆゆゆい話】桧山進次郎さん“引退ショック”で体調崩し、半月休業に

★(4)

 応援していた新庄選手が2001年にメジャー移籍。その後、虎党の私のイチオシは、桧山進次郎さんになりました。

 1990年代後半の「暗黒時代」に選手会長を務められ、2003年と05年に2度のリーグ優勝に貢献。苦しい時代からチームを引っ張ってこられた姿をスタンドやテレビで見ていました。

 印象深いのは、リーグ優勝のビールかけでの、ビール瓶の着ぐるみ姿。その笑顔が素敵で。もっともっと、見たいなと思っていました。

 その桧山さんが13年限りでの現役引退を発表したとき、私は体調を悪化させて半月ほど声優の仕事を休んでしまったほどショックで…。ぽっかりと穴が開いた感じでした。甲子園でのクライマックスシリーズが現役最終打席だったのですが、広島のミコライオ投手から本塁打を打った姿は、いま映像を見返しても泣いてしまいます。

 翌年の開幕は寂しかったです。もう、「桧山ダンス」はできないし、代打のコールでスタンドが盛り上がることもない。選手名鑑にもいない。そこでまた泣いてしまいました。それくらい私の中では大きな存在でした。

 そんな桧山さんが昨年、私の誕生日イベントにサプライズでお祝いVTR、宛名や誕生日の日付入りのサイン色紙、カレンダーを贈ってくださり、また泣きました。今も大事に自宅の棚に飾っています。スマホの裏にも直筆サイン。日々、桧山さんの「お宝」に囲まれて生活しています!

 ■渡部優衣(わたなべ・ゆい) 12月4日、大阪府箕面市生まれ。声優として、東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(横山奈緒役)などを担当。2016年11月より「箕面声優大使」(箕面市制定)を務める。15年4月から動画付きインターネット番組『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』(文化放送超!A&G+ 毎週金曜午後10時)にレギュラー出演。座右の銘は「Never give up」

関連ニュース