記事詳細

ファン満足度調査から見えてくる「令和のプロ野球」 カギは球場自体で娯楽を供する「ボールパーク化」 (1/3ページ)

 慶大理工学部・鈴木秀男教授が、恒例の「プロ野球のサービスに関する満足度調査」を発表。3年連続で広島が1位、ソフトバンクが2位と盤石だったが、新時代の胎動も聞こえてくる。

 1強巨人の地上波テレビ放映権を経営基盤としたセ・リーグ中心の昭和から、地域密着と球場でのファンサービスに注力したパ・リーグが存在感を増した平成へ。その流れに追随した広島、DeNAがセの脇役から脱皮した。今回で11年目のランキングも、そんな近年の潮流を反映した結果となった。

 そして5月から始まる令和のプロ野球はどこへ向かうのか。鈴木教授は昨年の7番手から3番手へ躍進した西武に注目。「10年ぶりの優勝が好感されたとはいえ、日本シリーズ進出を逃し、功労者の主力選手も流出。それでも1月下旬の調査で高評価だった理由は別にある」。アンケートの自由記述回答欄には、総工費180億円をかけ2021年に完成予定の本拠地の大改修工事に、西武ファンから熱い期待が感じられたという。

 23年には日本ハムが“借り物”の札幌ドームを脱して、北海道北広島市に自前の新球場を開場。さらに明治神宮外苑地区の再開発の一環で、“新神宮球場”が27年中にも完成し、ヤクルトの新たな本拠地となる。以上の3球団はともに試合だけでなく、球場自体で娯楽を供する「ボールパーク化」を推し進めている。

関連ニュース