記事詳細

【渡部優衣の虎ゆゆゆい話】原口文仁選手「大腸がん」公表に涙が止まらず…

★(5)

 現役選手で、私の推しメンは原口文仁選手。育成時代の背番号が「124」。私は12月4日が誕生日で、勝手ながら縁を感じております。

 そして、2016年に再び支配下登録されてから大活躍。同年5月には月間MVPにも輝きました。いろんな記事を拝見して、野球に対する取り組み方や真面目さ、挫折を味わっても諦めない姿勢を知り、さらに応援したいと思うようになりました。

 今年1月、大腸がんを公表。一報は山手線で移動中にツイッターで知り「何でなの…」と。ポロポロと涙が止まらず、仕事場でも泣いてしまって…。実は知人のお母さんが直前にがんで亡くなったショックもあり、3日間ほどはニュースを見るたびに泣いていました。

 『ホムラジ』の生放送中でも涙が止まらなったり。それでも今は、2軍で復帰に向けて懸命にリハビリされる姿を拝見して少し落ち着きました。今月16日には、手術後初めて屋外でフリー打撃。いつの日か、09年の同期入団で手術明けの秋山拓巳投手とのバッテリーで、1軍のお立ち台に並ぶ姿を見たい。そのときは、なんとしても球場に駆けつけたいです。

 声優の仕事を始めて10年ほど。今は内野席で見る機会もありますが、外野席の方が楽しいです。顔なじみの虎党もたくさんできて、3月のオープン戦で「今年もよろしくお願いします」とあいさつしたほど。私の“定位置”です。

 ■渡部優衣(わたなべ・ゆい) 12月4日、大阪府箕面市生まれ。声優として、東京スカイツリー公式キャラクター「ソラカラちゃん」、「アイドルマスター ミリオンライブ!」(横山奈緒役)などを担当。2016年11月より「箕面声優大使」(箕面市制定)を務める。15年4月から動画付きインターネット番組『れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!』(文化放送超!A&G+ 毎週金曜午後10時)にレギュラー出演。座右の銘は「Never give up」

関連ニュース