記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】力みを取るにはどうしたらいい? 真面目に取り組まず、気楽にやれば新しい発見がある (1/2ページ)

 【今週の質問】私はよく友人に力みすぎといわれます。自分でもわかるのですが、飛ばしたい気持ちがあり、どうしてもフルスイングしてバランスを崩してしまいます。力みを取るにはどうしたらいいでしょうか。

 結果を出そうと思って、しゃかりきにがんばってもあまり結果が出なかったのに、少し力を抜いたら新しい発見があって、途端に物事がスムーズに進むようになった。そんな経験はないだろうか。

 ゴルフの上達というのは、まさにこれなのではないかと思う。

 いいショットを打てるようになりたい。そのためにはどうしたらいいのか。これをやり続けるのがゴルフなのだが、なかなかうまくいかない。ゴルフが大好きだが、10年前とスコアは同じ。そんなことになっていないだろうか。せっかくのゴルフへの情熱なのだから、もう少しスコアに反映させられればもっと楽しいだろう。

 結局、うまくなれるかどうかは理屈ではなく、何らかのコツを、個人個人で発見できるかどうかにかかっている。もちろん理屈はあるのだが、それを突き詰めて正解に行こうとすると時間がかかりすぎて間に合わない。

 だから、もともとわからないものだと思って、あまりまじめに取り組み過ぎない、ということもときには必要なのではないか。

 いい加減なことを言うようだが、もともとわからないものを、何か答えがあるかのようにアドバイスするのは私としては気が引ける。そっちの方がよほど嘘をついている気がするからだ。正解は人によって違うこともある。

関連ニュース