記事詳細

イチロー氏がマ軍インストラクター就任 「会長付特別補佐」肩書はそのまま

 3月21日の東京ドームでの試合を最後に現役を引退したイチロー氏(45)が4月30日(日本時間1日)、マリナーズのインストラクターに就任した。同球団のジェリー・ディポトGMが記者会見で明らかにした。

 同GMによると、イチロー氏は昨年5月に就任した「会長付特別補佐」の肩書はそのままに、メジャーのホームゲームの試合前の練習で指導を行うほか、3Aタコマの選手の育成にも携わる。

 同日、本拠地シアトルで行われたカブス戦の試合前、早速クラブハウスに姿を見せた。

 外野守備、走塁、打撃を担当し、若手の成長ぶりなどをディポトGMに報告する。ヤンキースの「GM特別アドバイザー」の肩書でマイナーの若手選手への指導も行っている松井秀喜氏と似た役割といえそうだ。