記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】アイアンが抜けていかない 切り返しで力むとクラブヘッドは鋭角に刺さる (1/2ページ)

 【今週の質問】 私はアイアンのザックリに悩まされています。フィニッシュまで振りたいのですが、クラブヘッドが地面にひっかかって抜けていかないのです。いいところでザックリのチョロが出てがっくりということが多いです。ザックリでなくても、ダフり気味でショートすることが多いです。

 ティーショットがフェアウエーのど真ん中。絶好のチャンスと思ってアイアンで狙ったらザックリのチョロ。これほど情けないことはない。ザックリはここぞというときに出やすい。バックスイングからダウンスイングへの切り返しで、力んでしまうからだ。

 切り返しで力むと一気にグリップを下に引き下ろすことになるので、上から下へクラブヘッドが引っ張られ、直線的に地面に墜落することになる。スイング軌道は丸くないといけないのに、垂直に落下する要素が強くなりすぎてしまうので地面に突き刺さってしまうのだ。

 もう少し低い角度で当てるようにしないとクラブヘッドは抜けていかない。強く振ろうとして、切り返しでグッと力を込めるのが一番垂直落下を誘発する。リストコックを深めてためをつくるような動きも、上からドーンと落ちるミスにつながりやすい。

 切り返しはできるだけ静かに、ゆっくりとやる気持ちが必要だ。

関連ニュース