記事詳細

大坂なおみ、クレーで辛勝 全仏へ課題残す マドリードOP

 テニスのマドリード・オープンは7日、マドリードで行われ、女子シングルス2回戦で第1シードの大坂なおみ(21)=日清食品=は世界ランキング73位のサラ・ソリベストルモ(スペイン)に7-6、3-6、6-0で競り勝った。3回戦で世界33位のアリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)と対戦する。

 全仏オープン(26日開幕、パリ)と同じ赤土のクレーコートで、四大大会の次に格付けが高い大会。「第2セットは集中を欠いた」という世界1位の大坂は大苦戦した。球足が遅くスペイン勢が得意なクレーコートでラリー戦に持ち込まれ、2時間半超も要した。左腹筋痛の不安を払拭した1回戦から一転、課題ばかりが目立つ白星だった。

 四大大会で2連勝した全米オープンと全豪オープンは慣れ親しんだハードコート。全仏オープンへまだ学ぶことは多い。

関連ニュース