記事詳細

元貴親方、やはり参院選出馬!? 政治パーティー発起人は意味深長な顔ぶれ…気になるCM依頼拒否も (1/3ページ)

 7月の参院選への出馬が取り沙汰されている元横綱の貴乃花光司(46)が、今月19日に都内のホテルで小渕優子元経済産業相(45)ら3人の自民党代議士らを発起人にしたパーティーを開催する。「貴乃花御縁会」と題しており、昨年10月の日本相撲協会退職後、一貫して立候補を否定してきたが、抜群の人気を誇るだけに政界からのラブコールは大きくなるばかり。出馬問題は最終局面を迎えており、今月末にも結論が出る。

 貴乃花がパーティーを開くのは、大相撲夏場所(両国国技館)8日目にあたる19日。

 招待客は、かつての貴乃花部屋後援会のメンバーが中心で会費1万円。案内状には「貴乃花部屋後援会の節目と致しまして、感謝の意をお伝えするべく日にしたいと思います。昨年十月一日に角界より引退致しましてから、貴乃花部屋に御後援を賜りました皆様方に、今後の活動をきちんと報告ができる様に、昨年末より奮闘して参りました」と記されている。

 なんとも意味深長なのが発起人の顔ぶれだ。発起人代表の松浦晃一郎氏(81)=元ユネスコ事務局長=はともかく、遠藤利明元五輪担当大臣(69)、小渕恵三元首相の次女である小渕優子元経産相、「ハマコー」の愛称で親しまれた浜田幸一元衆院議員の長男の浜田靖一元防衛大臣(63)というインパクトのある自民党議員に加え、貴乃花が尊敬する人物として名前を挙げるロス五輪柔道金メダリストの山下泰裕氏(61)ら、計8人が名を連ねている。

 2月にも名古屋で「貴乃花応援会」と題したパーティーを開催しているが、これほど大がかりなものではなかった。

関連ニュース