記事詳細

阪神・原口、大腸がん克服実戦復帰 「うれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱい」

 大腸がんから1軍復帰を目指すプロ野球阪神の原口文仁捕手(27)が8日、鳴尾浜球場で行われたウエスタン・リーグの中日戦で実戦復帰を果たした。8回に代打で登場し右飛だった。

 原口選手は昨年末に受けた人間ドックで大腸がんと判明。1月24日に公表後、自身のツイッターで手術や退院を報告してきた。順調に回復し、3月7日に手術後初めてチームに合流し、トレーニングに励んでいた。

 原口は東京・帝京高から2010年にドラフト6位で入団。勝負強い打撃で昨季は代打で23安打を放ち、桧山進次郎氏の球団記録に並んだ。

 「すごくうれしい気持ちと感謝の気持ちでいっぱい。なるべく早くという気持ちでたくさんの人に支えてもらってやってきたので、本当に今日を迎えられてよかった」と感慨深げだった。

関連ニュース