記事詳細

菊池雄星が2勝目 ヤンキース相手に8回途中1失点

 マリナーズの菊池雄星投手(27)は、ニューヨークでヤンキース戦に先発し、7回2/3を3安打1失点、3三振1四球で2勝目(1敗)を挙げた。試合は10-1だった。防御率は3.54。

 見事な内容だった。1回に先頭打者を歩かせたが、その後は打者16人を連続でアウトに取り、6回1死まで安打を許さなかった。球威があり、きれのいいカーブとスライダーを制球よく決めた。

 6回の初安打も三塁後方に落ちる不運な二塁打。失点につながったものの、ほとんど芯でとらえられた打球はなかった。

 前回登板のインディアンス戦で7回を3安打1失点。「やっと本来の自分の持っているものに近づいてきている」と手応えを話していたとおりの投球だった。開幕直後は好投しながら勝ち星につながらない不運が続いていたが、ようやく味方打線ともかみあってきた。