記事詳細

また泥酔トラブル…巨人“傷もの”沢村の落としどころ もはや孤立無援、メジャー挑戦が最適解か (1/2ページ)

 巨人・沢村拓一投手(31)が酒に酔い、一般人に暴力をふるった不祥事が発覚。今季はトレードでの放出も検討されたが、この不祥事が原因でご破算に。“傷もの”の引き取り手は現れるのか。

 「やっぱり出ちゃったか」。巨人関係者の反応はもっともだ。2軍調整中の沢村が4月中旬の未明、東京・新宿の繁華街で酒に酔って起こしたトラブルの話題は、球団内外に広がり原監督やナインをあきれさせていた。警察への被害届はなく、当事者間で和解も成立したため、球団から発表はなく報道も控えられてきたが、一部週刊誌が詳報に踏み切ったことで白日の下にさらされた。

 球団は「酒に酔った上、エレベーター内に乗り合わせた方の首のあたりを突然つかんで数秒の間、壁に押し付けたため、周囲から止められました」と当時の経緯を説明。沢村には厳重に注意し、相手方への謝罪も円満に済んだとしている。

 昨秋に原監督が打診した先発再転向を拒み、抑え復帰を目指した今春キャンプでは相変わらずの制球難。キャンプ打ち上げ直前に改めて先発での調整を命じられ、2軍送りになった時点で沢村は事実上の構想外だった。

 開幕後は不足する中継ぎ右腕をトレードで補強するための交換要員と位置づけられ、調整途上ながら他球団へのアピールも兼ねて、4月6日のDeNA戦(横浜)で5年ぶりに先発。4回途中でKOされ再び2軍に落ちた後、まとまりかけたトレードも今回の一件で暗礁に乗り上げた。今後は2軍での“塩漬け”が濃厚だ。

関連ニュース