記事詳細

【ゴルフ真剣勝負 the MATCH】小鯛竜也「ボールが正しい位置なら大きなミスは起こらない」 (2/2ページ)

 スイングに関しては、プロも場面によっては余計な力が入っていつものスイングができないなど細かいミスは頻繁にやっています。しかし、それが大きなミスにならないのは、ボールのポジションがいつも同じだから。これさえ守っていればスイングが大きく狂うことないのです。

 しかも、ボール位置は、プロにはできるけど、アマチュアには難しいというものではなく、どんなレベルの人でも意識すればできることです。

 我々が「ボールをどこに置くかはとても大事なこと」と言っても、耳を傾けてくれる人はそう多くはないのですが、その大事さを知ることが上達の第一歩だということを分かってください。

 ■小鯛竜也(こだい・たつや) 1990年2月1日大阪生まれ。2007年に17歳でプロ転向。11年にツアーデビューし、初の予選通過は15年ミズノオープンという苦労人。17年マイナビABCチャンピオンシップで、プロ11年目にして悲願のツアー初優勝を果たした。初めてシード選手として臨んだ18年は賞金ランク62位でシード権獲得。

 ゴルフネットワーク『ゴルフ真剣勝負 the MATCH』は、プロの直接対決をお届けする120分番組。5月は小鯛竜也と星野陸也の“チーム石川遼”対決。熱い対決を制するのはどちらだ?!

 視聴問い合わせ=0120・562・034

関連ニュース