記事詳細

錦織、競り負け3回戦敗退「自信高めていくしかない」 マドリードOP

 テニスのマドリード・オープンは9日、マドリードで行われ、男子シングルス3回戦で第6シードの錦織圭(29)は四大大会3勝のスタン・バブリンカ(スイス)に3-6、6-7で敗れた。

 第1セットは時速220キロ超のサーブに付け入る隙がなく、第2セットはタイブレークに持ち込んだが、好機のスマッシュをアウト。ドロップショットもミスとなって競り負けた。「もったいないというか、取っていれば(逆転勝ちの)チャンスはあった。プレーは良くなっている。自信を高めていくしかない」