記事詳細

【金谷多一郎 アマチュアの?を解決】「ベタ足打法」って本当にいいの? 韓国女子プロも取り入れているが…

 インパクトからフォローにかけて、普通は自然に上がるはずの右かかとを地面に着けたままの“ベタ足打法”。

 国内女子ツアーを席巻する韓国女子プロなどがこの打法を取り入れていることからアマチュアの中にも真似をする人がいるようで、「ベタ足打法にしたことでミスショットが減った」という声も耳にします。

 しかし実際は万人にお勧めできる打ち方ではありません。

 その理由は、本当にベタ足にしてしまうと体のスムーズな捻転が妨げられ、手打ちになる危険性があるからです。

 人の体というのは膝頭とツマ先の向きを一致させることによってスムーズな動作が実現できるようになっているのに、ベタ足打法では右のツマ先を正面に向けたまま右の膝頭を目標方向に回転させながら体を捻転させるという動きになります。一般的な足首の柔軟性の人がベタ足打法をしようとすると体の動きがブロックされてしまうのです。

 それでもアマチュアでベタ足打法を取り入れて効果があったという人は、おそらく膝や足元が動き過ぎてスイングがばらついていた時に右かかとを地面に着けようと意識することで、結果的に右膝を伸ばして地面を踏みつけるようにしっかりと右脚を蹴ることができるようになったため。体の動きが安定しパワーロスせずにスイングできるようになったからだと思います。

 ベタ足打法にしたつもりで、実際にはベタ足になっていなくても結果的にブレのないスイングに結びついたというわけです。

 本当のベタ足打法を行うには特異な足首の柔軟性が必要になります。それだけの足首の柔軟性が自分にはあるのか? 真似をするのならそれを確かめてからにしてください。=プロゴルファー

関連ニュース