記事詳細

【佐藤剛平 基本は忘れろ!!】インパクトの入射角を安定させたい 直ドラで低いライナー性の打ち出し意識 (1/2ページ)

 【今週の質問】インパクトでは、クラブヘッドの入射角が大事という話を聞きますが、難しくてよくわかりません。正しい入射角とはどういうことでしょうか。プロレベルの話ですか。アマチュアでも意識した方がいいでしょうか。練習方法はありますか。

 インパクトのクラブヘッドの入射角を適正にすること、そして、これを調整でき、安定させられること。

 ゴルフのすべての技術はこれに関係しているといっても過言ではない。入射角がよければ、いつもインパクトがしっかりしていて、ダフリやトップが出ることがなく、飛距離も出るし方向性もいい。

 正しい入射角とは、極端に上から入ったり、下から入ったりすることなく、できるだけ低く上から入って、また低く抜けて行く軌道だ。飛行機が滑らかに着陸して、また離陸していくようなイメージになる。

 クラブヘッドの軌道は円軌道なので、インパクトはその一部と考えればいいのだが、距離を出そうとすると、鋭角に上からたたきつけるような軌道になったり、ボールを上げようとしてすくい上げすぎたりしてしまうのだ。

 上から入り過ぎるとスライスが強くなったり、クラブヘッドが抜けていかずにザックリ。下から入り過ぎるとインサイドから来て手前をダフったり、プッシュアウトしたりというミスになる。どんなレベルのプレーヤーにとっても入射角の調整は絶対に必要で、これができるようになるということが上達するということだ。

 いい入射角で打てているかを確認し、どのくらい低く入れてくるのが適正であるかを知るには、ティーアップしていないボールをドライバーで打つのがいい。直ドラだ。

関連ニュース