記事詳細

大谷、3試合連続安打 「3番・DH」で先発出場

 エンゼルスの大谷翔平(24)は29日(日本時間30日)、アスレチックス戦に「3番・DH」で先発出場。8回に右前打を放ち、3試合連続安打とした。5打数1安打、2四球、3三振で打率は・237。

 8回2死走者なしで迎えた第5打席。大谷は左腕ワンの投じたカウント2-2からの外角低めのスライダーに手を伸ばし、右手一本で狭い一、二塁間を破った。技ありの一打だった。

 1回1死一塁の第1打席は、右腕ヘンドリクスに対してフルカウントから四球。3回の第2打席は、カウント2-1から打球速度108マイル(174キロ)の痛烈な三塁ゴロを放ち、昨季ゴールドグラブ賞のチャップマンがはじく失策。5回先頭の第3打席はカウント1-2から空振り三振。6回2死二塁の第4打席は四球だった。第6打席は空振りの三振。第7打席は見逃し三振。

 試合は7-7で延長戦に入り、11回にエンゼルスが12-7で勝った。