記事詳細

選手がトロフィー踏み付け…韓国サッカー“極めて非礼”な行為で優勝杯剥奪 開催地の中国は激怒! (1/2ページ)

 サッカー男子U18(18歳以下)の韓国代表が、中国で大失態を犯した。成都で行われた「パンダカップ2019」で優勝を決めた後、選手の一人が笑顔で優勝トロフィーを踏みつけ、優勝トロフィーを剥奪されたのだ。「反米・媚中」の文在寅(ムン・ジェイン)政権が中国に擦り寄るなかで起きた愚行に、韓国側は平謝りだが、中国の反発が収まらず、今後の「報復」を懸念する見方も出ている。

 新華社通信(英語版)によると、韓国代表は29日の決勝で中国を破って優勝したが、韓国代表選手がトロフィーを踏みつけて笑っている写真がソーシャルメディアで拡散。パンダカップの主催者は極めて敬意を欠いた行為として韓国を非難し、優勝トロフィーを剥奪した。

 その後の韓国側の対応は、必要以上に中国に気を配ったものだった。

 韓国サッカー協会は30日、大会組織委員会に謝罪文を送付。韓国代表のキム・ジョンス監督は同日に緊急記者会見を開き、「私たちはすべてのファン、すべての選手、そして全中国人民におわびする」と述べ、大会とは直接関係のない全中国国民にまで言及した。

 こうした過剰反応の背景には、文政権下の韓国が置かれた国際的環境がありそうだ。

関連ニュース